CDコピーとCDプレスの違いとは

CDコピーとCDプレスの違いをご存知の方はいますか。CDコピーとは、電気屋さんなどに売っているなにも入っていないディスクにデータを書き込むんだものをいいます。このCDコピーは、実際にパソコンなどでやっている方もいらっしゃると存じます。しかし、CDコピーの場合は機器によっては再生できないこともありますよね。それにCDコピーだと古くなった場合、読み取れなくなることが実際にあったのではないでしょうか。一方でCDプレスの方は、CD自体に特別な器具で物理的にデータを刻んで作っています。そのため機器によって再生できなくなるということもなく、物理的に傷つけたりしなければ半永久的に聞くことができます。その分、こちらで作られたものは高品質といえますね。自分で音楽をやっている方なら一度CDプレスで形に残してみてはいかがでしょうか。

印刷の異なるCDコピーとCDプレス

CD製作の際、CDコピーかCDプレスで悩む所でしょう。この二つはレーベル印刷も違ってきます。コピーもののケースは、インクジェット印刷が中心となり、家庭でよく使用されているプリンタと同じになります。ラベルメーカーをご自宅で作成したものを印刷する場合が当てはまってきます。水や摩擦に非常に弱く、追加して印刷する場合は元のデータが同じであってもいつも同じ色に仕上がるとは限りません。その為、ショップなどにあるCDのプレスで採用されることはないと言ってもいいでしょう。プレスもののケースは、シルク印刷やオフセット印刷になります。シルク印刷は簡単なデザインやベタ塗りに向いていて、とても品質は良いです。銀抜きといって、あえてCDのシルバー部分を見せるデザインなどもできます。オフセット印刷は、グラデーションを使用したものや写真などの印刷に使え、品質は良いですがベタ塗りになるとシルク印刷よりは劣るでしょう。

CDコピーとCDプレスの印刷事情

CDを作る際に考えるのは、CDコピーかCDプレスかのどちらかに分かれるでしょう。この二つはレーベル印刷が異なるということは御存知でしょうか。コピーものの場合はインクジェット印刷がメインとなり、ご自宅にはプリンタと同じになります。ラベルメーカーなど家で作ったものを印刷の場合が該当します。摩擦などにとても弱く、印刷を更にする時はデータが全く同じものでも常に同じ発色をするとは限りません。その為、ショップに置いてあるCDのプレスに使われることはないと言ってもいいでしょう。プレスものの場合は、シルク印刷やオフセット印刷になります。シルク印刷は比較的簡単なデザインやベタ塗りに向いていて、品質もとても素晴らしいです。CDのシルバー部分をあえて見せるという銀抜きデザインも可能となります。オフセット印刷はグラデーションを使ったものやフルカラーのものといった印刷に向いていて、同じく品質は素晴らしいですが、ベタ塗りはというとシルク印刷には勝てません。