CDプレスも枚数を増やすことで料金が安くなります

CDコピーに比べてCDプレスは料金が高いイメージがあるかもしれませんが、プレスの枚数を増やすことで1枚の単価が安くなりますので、業者に依頼する際にはお願いする枚数の調整を行って、少しでもお得にCDプレスを行ってもらうことが重要です。音楽もダウンロードが当たり前の時代になり、わざわざCDを販売する方も少なくなっている状況ですが、音楽に限らずセミナーの音声なども録音して保管しておくことが可能なので、上手く活用するのが最適です。インターネット上にはCDプレスのサービスを請け負っている業者のホームページが沢山あるので、それぞれの料金を比較して少しでも安い業者を選ぶことが重要になります。また料金だけでなくプレスの品質も重要なポイントになるので、品質と料金のバランスを考えて業者を選ぶように心がけてください。

CDコピーかCDプレスでお悩みの方へ

音楽関係のことをされている方は、自らのCDを作りたいと考えたことはあるのではないでしょうか。そこで、CD製作にあたり、金銭的なことを意識しプレスかコピーかの二つで迷う方も少なくはありません。同じ複製なので変わりはないよう感じますが、プレスとコピーは全く異なるものだということを覚えておいて下さい。CDコピーとは、家電量販店などで目にする空のディスクにデータを書き込むものになります。パソコンを使いこなしCDを焼くケースもよくあるでしょうが、扱いやすいので何かと頼りになります。しかし、再生機器によっては反応がなかったり、データが書き込まれたことをちゃんと確認したにも関わらず再生できないことがあります。CDプレスとは、マスターディスクからスタンパーといったCDを量産する時に必要不可欠な原盤を作り、データを書き込むのではなくデータを物理的に刻んでいきます。これにより、大抵の機器で問題なく再生することができます。意図的に傷をつけずにいれば、長いスパンで読み取りできなくなることはないでしょう。

CDコピーとCDプレスの印刷について

CD製作を考える時、CDコピーかCDプレスのどちらかになります。レーベル印刷は二つとも異なるというのは御存知でしょうか。コピーものの場合はインクジェット印刷が主となり、よく一般家庭で使われているプリンタと同じものになります。ご自宅でラベルメーカーなどで作ったものを印刷するケースが該当します。摩擦や水に弱く、追加印刷の際たとえ元のデータが同じものでも全く一緒の色になることはない為、ショップに置いてあるCDのプレスで採用されることはまずないでしょう。プレスものの場合は、シルク印刷やオフセット印刷になります。シルク印刷はシンプルなデザインや一色塗りに向いていて、とても品質は高いです。あえてCDの素材本来のシルバーを見せる銀抜きデザインなどもできます。オフセット印刷は、フルカラーのものやグラデーションを使ったもの、そして写真などの印刷に向いていて、品質は高いですが一色で塗ることに関してはシルク印刷には及びません。