人材採用の際は専門の企業を介して行おう

人材採用の難しさ

人材採用は組織にとって非常に難しい業務の一つです。新採用であれば即戦力を求めることよりも、将来的に戦力となりえる人物かどうかを見極める必要があり、また中途採用であれば相手の履歴や職務経歴から戦力判断は可能と思われますが、果たして他の社員との連携や協同、協力が行える人物かどうかの見極めが必要となってきます。いずれにしても採用面接という短い時間の中で、その相手の人となりを判断しなくてはなりません。
もちろん組織としては優秀な人材を求めているわけですが、優秀な人材が組織にとって適正な人材とイコールで結びつくとは限りません。人材採用は優秀な人材を採用することより、組織にとって適正な人材を採用することが大切なのです。もちろん適正な人材が優秀な人材とイコールであれば申し分ないわけですが。
組織にとっての人材採用はパズルのピースを揃える作業と似ています。足りない部分に当てはまるピースを探すように、組織というパズルを完成させるために、組織に足りない人材を組織の必要とする人材を書類と面接によって選んでいく作業とうわけですね。そしてそれは逆に、数ある組織の中から採用した相手に自組織が選ばれたと言うことでもあります。人材採用は人材を選ぶことにより人材から選ばれるという表裏一体の行為なのです。

不慣れな人材採用は危険が一杯

人材採用は、求人広告を打って募集をするだけだと思っていませんかね。確かにそれで人は集まってくるわけですが、一方でその後のやり方が非常に重要になってきます。特に注意しなければいけないのは面接です。人材採用の際に面接は切っても切れないものだと思いますが、この時の応対に仕方によっては企業の存続すら揺らいでしまうくらいの重大な問題に発展してしまうことがあるのです。例えば、面接の際に求職者に対して横柄な態度を取ってしまうような時ですね。
どうしても面接の際、企業の採用担当者は不慣れな場合は自分の方が立場が上だと勘違いをしてしまいがちです。本来であれば面接者と求職者はフェアな立場でいなければならないのですが、そのあたりの意識を研修などで勉強していない限りはどうしても自分の方が上だと思ってしまうんですよね。
当然、面接の際には求職者は下出に出てくれるわけですが、会社を一歩出ればインターネットなどで何を書き込まれるか分かりません。それがその時限りで終われば良いのですが、そうではないケースも多々あります。そうならないためにも、人材採用の際には専門の企業を介して行うのが安全と言えるでしょう。色々とフォローもしてくれますしね。

記事一覧

2017年07月24日
場合によって選びたい人材採用の委託を更新しました。
2017年07月24日
人材採用の際は専門の企業を介して行おうを更新しました。
2017年07月24日
人材採用後の養成についてを更新しました。
2017年07月24日
人材採用についての考え方を更新しました。

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

イチオシサイト

人材採用の際は専門の企業を介して行おう

人材採用の難しさ 人材採用は組織にとって非常に難しい業務の一つです。新採用であれば即戦力を求めることよりも…

詳細

場合によって選びたい人材採用の委託

人材採用の流れ 人材採用は募集から採用まで自社だけでこなしていくには、大変なお時間と労力が要されます。特に…

詳細

人材採用後の養成について

人材採用における内定後研修の実施 人材採用を進める段階では、内定を出した後に研修の制度を組む企業が飛躍的に…

詳細

Copyright(C)2017 人材採用を行う重要性や専門企業への委託方法 All Rights Reserved.